胃が痛い時に飲むサプリメントを人気別にランキングでご紹介

こちらのサイトでは、胃が痛い時や嫌な不快感を感じる時に飲むサプリメントをランキング形式でご紹介しています。

 

「胃痛などに効果的なサプリメントを探しているけど、一体どれが良いのか迷ってしまう…。」という方のお力に少しでもなることが出来ればと思っています^^

 

胃が痛い時のサプリメントランキング

胃が痛い サプリ

イツラック
イツラック イツラックは、「体と心は繋がっているものと考える」・「昔から自然界にあるものを用いる」・「体に良いと言われる素材を日頃から取り入れる(医食同源)」という漢方の考え方を元に、胃の悩み全般に効果的な3つの生薬由来成分を新しい形の健胃剤です。

 

自然界に存在する素材(生薬)で作られていますので、胃や体に優しくいたわりながら、胃が本来持つ自然治癒力を高めていくのをサポートします。

価格 7,980円 ⇒ 定期購入初回価格「2,980円(税込)」/定期価格「4,980円(税込)」
評価 評価5
備考 カプセルの形状が小さくて丸いですので飲みやすく、1個ずつ分けられた「個包装タイプ」となっていますので、衛生的ですし、持ち運びにも便利なので、いつでも気軽に飲めるようになっています。
イツラック イツラック

薬院オーガニックの粒マヌカ

薬院オーガニックの粒マヌカ
薬院オーガニックの粒マヌカ 薬院オーガニックの粒マヌカは、抗菌作用を示すレベルの中でもトップクラスの「MGO400+」のマヌカハニーのみを配合し、さらに抗菌力をアップさせる乳酸菌なども配合したマヌカハニーサプリメントです。

 

サプリメントの形も丸い小粒状と飲みやすくなっていますし、1日の摂取目安量も3粒なので「これなら続けやすい!」と好評です。

価格 8,980円 ⇒ 定期購入初回価格「2,980円(税抜き)」/定期価格「5,400円(税抜き)」
評価 評価4.5
備考 現在、定期コースへお申し込みをされた全員の方に「ピロリ菌検査キット」がプレゼントされる特別キャンペーン中です。
薬院オーガニックの粒マヌカ 薬院オーガニックの粒マヌカ

生命の乳酸菌

生命の乳酸菌
生命の乳酸菌 生命の乳酸菌は、熱や胃酸に弱い乳酸菌の弱点に着目し、より多くの生きたままの乳酸菌を腸までしっかりと届けることを実現した乳酸菌サプリメントです。

 

低カロリーで低脂肪なので、「乳酸菌を摂取するためにヨーグルトを食べるようにしたいけど、どうしてもカロリーが気になって続けるのが難しい…。」という方にも続けやすくなっています。

価格 3,300円 ⇒ 定期購入初回価格「500円(税込)」/定期価格「2,970円(税込)」
評価 評価4
備考 乳酸菌の数も、1日の目安量である「1粒」に『約346億個』もの乳酸菌が含まれています。
生命の乳酸菌 生命の乳酸菌

 

イツラックは胃が痛い時に飲むサプリメントの中で大人気です!

イツラック

イツラックは、胃痛や胃炎、胃酸過多などの胃の悩み全般で悩まれている方や、薬に頼りたくないという方のために、体に優しい漢方生薬由来の成分を配合することで、優しく胃をいたわりながら胃の自然治癒力を高めるのをサポートする、これまでにない新しい健胃剤です。

 

 

漢方生薬由来の健胃剤ですので、「薬で胃痛や胃の不快感をケアしているけど、胃や体のことを考えると、あまり薬に頼りたくない。」という方の心強い味方となってくれます。

 

 

 

漢方より学んだ独自処方により、胃をいたわりながらケアします!

 

イツラックは、様々な薬効を持ち、4,000年というはるか昔から世界各地で愛され続けている《漢方の王様》と呼ばれる「桂皮(ケイヒ)」を配合しています。

 

 

さらに、胃を温め、発散や滞っているものを動かす作用を持ち、紀元前から大変貴重な生薬として重用されてきた「丁字(チョウジ)」、人類史上最古の作物の一つと言われ、健胃作用や解毒作用があると言われ活用されてきた「茴香(ウイキョウ)」を配合しています。

 

イツラック

 

 

イツラックは、『体と心を総合的に考える』・『昔から自然にある素材を活用する』・『良いものを日常的に取り入れる(医食同源)』という漢方に学ぶ考え方を元にした独自処方によリ配合された、上記の3つの自然生薬たちが、辛い胃の痛みや不快感などの胃の悩みに効果的にじっくりと働きかけながら優しくケアをしていきます。

 

イツラック

 

 

 

安心・安全にこだわっています!

 

どれだけ良い製品だということを聞いても、毎日続けるものですし、さらに口に入れるものですので、やっぱり、その製品の安全性はどうなのかというのは気になりますよね。

 

 

イツラックは、厚生労働省が定めた、医薬品や医薬部外品を製造する際の品質管理の環境が整えられている工場のみに認可される「GMP」に準拠した工場で製造しているなど、安心してお飲みいただけるよう安心・安全にこだわっています。

 

イツラック

 

 

 

イツラックの口コミはどうなってる?

 

30代女性:

 

ある日突然、吐き気や胃もたれに襲われまして、そのことについて私なりにインターネットで調べてみたところ、その症状はどうやら急性胃炎のようだということがわかりました。

 

 

それからすぐに私の症状に良さそうな市販薬を購入して飲んでみたのですが、それほどの効果を実感することができませんでしたので、どうしたら良いのか悩んでいました。

 

 

そのように困っている私を見て友人が紹介してくれたのがイツラックでした。

 

 

飲み始めてから1ヶ月くらいなので、「もう完全に治りました」というほどの劇的な改善はまだありませんが、それでも、明らかに以前よりは調子が良いと感じることはできています!

 

 

ようやく私が望んでいたものに出会うことができたという感じですね^^

 

 

また、イツラックは小さくて丸いので飲みやすいですし、個包装になっているので衛生面でも良く、いつでも気軽に飲めるという便利さもあるというのが気に入っています!

 

30代女性:

 

今の仕事を始めた頃はストレスを感じることが多く、胃がずっとキリキリしていました。

 

 

ひどい時には、その場でしゃがみこんで動けなくなってしまうほどでした…。

 

 

病院に行って薬を処方されたのですが、薬って結構負担になりますし、依存性も高いので、毎日胃薬がないと不安に感じるほど手放せない存在になっていました。

 

 

ですが、やっぱり出来る限り体には負担をかけたくないとの思いから、薬に頼らないで良い方法はないかと探していた時にイツラックを見つけましたので試してみることにしたんです。

 

 

それからは、ストレスがかかるような時でも、以前みたいに胃がキリキリするようなことはなくなりましたし、胃炎にあれ程悩んでいた自分が嘘みたいに思えるほど、胃腸が毎日スッキリ爽快です!

 

 

私のような辛い思いをしている方や、薬にはあまり頼りたくないという方、病院が嫌いという方には、イツラックは嬉しい存在だと思いますのでおすすめです。

 

50代男性:

 

飲みすぎたり、食べ過ぎたりすることにより、翌日は胃酸過多の状態になっていて、毎回歯磨きをする度に吐き気がしていたのですが、その吐き気が家中に響いているという毎日でした。

 

 

そんな私のために娘がイツラックを渡してくれましたので、飲み始めることにしたんです。

 

 

どうやら、娘の旦那が胃のキリキリ持ちのようで、イツラックを常に持ち歩いているのを見て、私にも勧めてきたようなんです。

 

 

イツラックを飲み始めてからは、飲んだ日の翌日でも早朝からシャキッとゴルフをすることが出来るようになりましたね。

 

 

最初は、漢方系の素材は体に良さそうなのは分かるけど、飲みにくんじゃないかって思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

 

 

手軽で安心して続けられますし、私にとってまさに理想的だと思っています!

 

 

イツラックの口コミをご紹介しましたが、どうでしたでしょうか。

 

 

胃痛や吐き気などで辛い思いをされていた方々でしたが、イツラックを飲むようになってからは、以前よりも調子よく過ごせるようになられたようですね。

 

 

毎日、ずっと辛い思いをされていた胃の悩みに悩まされることがなくなったことに対して心から喜ばれている様子が伝わってきますが、やっぱり、辛い思いをすることなく毎日を爽快に過ごせるようになれるのは嬉しいですよね^^

 

 

イツラック

 

 

イツラックについての詳細は公式サイトでご確認いただくことができますので、よろしければご覧になられてみてくださいね。

 

イツラック

 

 

イツラック

 

胃痛が発生する主な原因とは?

胃は食べ物を一時的に溜め、消化を行う器官のひとつです。

 

 

胃痛と腹痛を混同してしまう事がありますが、みぞおちの辺りが痛む場合は、腹痛ではなく胃痛を発症していると言えるでしょう。

 

 

こうした胃痛にみまわれた事がある人は少なくないはずです。

 

 

胃痛は胃酸過多や胃の炎症、痙攣により痛みが出てしまいます。

 

 

胃酸は食べ物を消化するだけに非常に強い酸であり、これが過度に分泌されると胃を荒らし痛みを感じる結果に繋がってしまうのです。

 

 

また、胃の粘膜が炎症を起こすとその刺激が神経から脳に伝わり痛みを感じます。

 

 

そして胃痙攣は、胃の壁の筋肉が激しく収縮する事による刺激が痛みとなるのです。

 

 

では、胃酸が過剰に分泌したり炎症を起こしたり痙攣が起きてしまう理由は何故でしょうか。

 

 

その原因はひとつだけではなく、複数の理由が存在します。

 

 

場合によっては、色んな原因が複雑に交じり合っている事もあります。

 

 

上記の症状を引き起こす主な理由をあげてみましょう。

 

 

ひとつは暴飲暴食や刺激の強い食物の摂取が原因となる事があります。

 

 

暴飲暴食をすると、胃酸の分泌が必要以上に多くなってしまうのです。

 

 

刺激の強い食べ物は、胃の粘膜を荒らし炎症を引き起こす原因となる場合があります。

 

 

この様に胃痛の原因のひとつは、こうした食べ過ぎや食物によるものがあげられるのです。

 

 

そして、胃の炎症を引き起こす原因のひとつがピロリ菌です。

 

 

ピロリ菌の感染が、胃粘膜の炎症を起こす事が分かってきたのです。

 

 

他にも喫煙なども胃粘膜の炎症を引き起こすケースがありますよ。

 

 

最近、胃痛の大きな原因を占めているのがストレスによるものです。

 

 

ストレスは胃酸分泌のコントロールを乱す原因になります。

 

 

それによりストレスは、胃炎、痙攣など様々な胃のトラブルを引き起こす胃痛の大きな原因となっているのです。

 

 

 

ここまでは胃酸や胃粘膜の炎症による胃痛をあげてきましたが、寄生虫が原因となる胃アニサキス症が最近注目されています。

 

 

胃アニキサス症は、生の魚などを食べた際に潜んでいたアニキサスが胃に侵入した事による痛みです。

 

 

胃痛の主な原因は、こうした事が上げられますが、実は胃に原因がないのに胃痛が現れる機能性ディスペプシアなどという疾患もあります。

 

 

 

胃痛が起きた時の対処方法は、何が原因で痛みが発生しているかによってとるべき行動は異なるものです。

 

 

場合によっては、良かれと思ってした対処方法が逆効果となり痛みを促進してしまう事さえあります。

 

 

ですから、胃痛の原因を知り適切な対処方法を行いましょう。

 

 

イツラック

 

 

胃痛の症状と注意すべき症状とは?

 

日々、生活を送っているとストレスを感じることが多々あります。

 

 

そういう時に胃痛を覚える人も少なくありません。

 

 

心配事があったり、イライラするようなことが重なると胃痛が起こるのです。

 

 

胃痛にはいくつかの種類があって、空腹時に起こる胃痛と、食べた後で痛くなる胃痛があり、食べ物と関係なく痛む胃痛もあります。

 

 

胃痛が起こるときには胃酸が分泌されて、胃壁を傷つけることで起こることがあります。

 

 

みぞおちあたりが痛むことで胃痛とわかるのですが、胃酸の過剰分泌で胃壁がただれて起こる胃痛と、胃に潰瘍ができて起こるものがあります。

 

 

ピロリ菌が原因で胃痛が起こることも多々あります。

 

 

ピロリ菌は胃酸に強くて胃酸から身を守るためにアンモニアを出します。

 

 

そのアンモニアがたまって胃の粘膜が傷つけられて胃炎を起こしたり、胃潰瘍になったりすると考えられています。

 

 

胃痛が続くようでしたら、まずは胃の検査を受けることです。

 

 

バリュームを飲んでレントゲンで調べます。

 

 

それで胃潰瘍などが見つかれば胃カメラを飲んで細胞のサンプルをとって調べたりします。

 

 

胃潰瘍がある場合は、その胃潰瘍が良性のものか悪性のものかを調べる必要があります。

 

 

悪性度が出る場合、レベルは1から5まであり、レベル5はガン細胞ということになっています。

 

 

悪性の胃潰瘍が見つかった場合は、他に転移がないかどうかをしっかりと調べて、胃潰瘍の部分を切除してしまう方法が一番です。

 

 

急性胃炎の場合は、急な暴飲暴食などで胃が荒れる状態をいい、下痢や嘔吐を伴うことがありますが、2〜3日すれば回復します。

 

 

日頃から食べ過ぎや飲み過ぎに気をつける必要があります。

 

 

慢性胃炎はピロリ菌が発生したりストレスが度重なったりして、胃の粘膜が痛めつけられて痛みます。

 

 

慢性的に胃が痛くなったりすると慢性胃炎ということになり、放っておくと胃潰瘍になったりするので気をつけなければなりません。

 

 

胃潰瘍は食べ物が胃に入ってきて消化するときに起こるので、食事中や食後などに起こることが多く、胸焼けや胃モタレなどが起きるようになった後で胃潰瘍だということが見つかったりします。

 

 

胃痛の原因になるピロリ菌は簡単に見つかりますし、薬を服用するとピロリ菌は死滅してしまうので、胃痛も治るようになってきます。

 

 

日頃からストレスを受けないように気をつけて、規則正しい食生活を行ったりして、生活習慣に気をつける必要があり、胃が痛むようでしたら、検査をすることです。

 

 

イツラック

 

 

胃痛の改善方法について

 

胃痛の治し方にはどんな方法があるか考えてみました。

 

 

私は中学生の頃から、よく胃痛になりました。

 

 

原因は、対人関係で気を使いすぎて悩みすぎての、神経性胃炎でした。

 

 

その後、悪化して胃潰瘍にもなったことがあります。

 

 

中学生の頃が一番、受験のストレスがあるのか、クラスメイトがイライラしていて、おとなしい性格の私は、八つ当たりされることが多かったのです。

 

 

近所の内科へ通って、胃薬を処方してもらって飲んでいました。

 

 

食後に飲んで、しばらくは薬が効いていたように思いますが、原因が対人関係ですので、昼間のつらかったことを思い出してしまったりすると、また、キリキリと胃が痛くなりました。

 

 

そんな時は、お腹をさすったり、うつぶせに寝て、胃を押さえるようにしていました。

 

 

胃を押さえると、痛さが少し紛れるような気がしました。

 

完全には治らないのですが。

 

 

胃痛に良いと言われる食品を調べて食べたり、飲んだりもしました。

 

 

ストレスで胃壁が荒れるようで、何か物を食べると、しみるような痛さを感じることもありました。

 

 

なので、胃壁に膜をはってくれるような、ねばねばした糸をひくような野菜や、乳製品などを、よく摂りました。

 

 

私の体験談として、粘る食品は、胃痛に効いたような気がします。

 

 

胃壁を保護するように膜がはられて、食べ物が胃に入っても、しみるのがましになります。

 

 

でも、それは、胃痛をましにすることはあっても、治癒するものではありませんでした。

 

 

やはり、一番、胃痛に効いたと思えるのは、自分の体質に合った胃薬を処方してもらうか、自分に効きそうな成分を書物やネットで調べて薬局で薬を探し当てて、飲むことでした。

 

 

食品では、ピロリ菌を殺すと言われる飲み物が効きました。

 

 

胃壁も修復してくれるのか、空腹時に飲むと、胃壁にしみわたるように効きました。

 

 

そして、胃痛の時は、おかゆとか、つぶしたり刻んだりした茹で野菜、乳製品など、ほかにも、消化の良い柔らかいものを食べると、胃痛が楽です。

 

 

とにかく、疲れた胃を休ませるために、胃にやさしいものを少量食べるのが良いと思います。

 

 

そして、胃痛を起こす人は、ストレスとか、気を使いすぎてとか、そういう理由の方が、世間を見てて多いような気がします。

 

 

なので、胃痛を治すためには、自分の好きなことに時間を使って、ストレス解消することが、効果的です。

 

 

好きなドラマや映画を見たり、歌を聴いたり、景色の良いところに行ってみたり、気持ちをゆったりと持って、ぼんやりした気持ちで休憩することも、胃を休ませ、胃痛を軽くしてくれます。

 

そして、眠ることも、胃痛を軽くしてくれます。

 

 

イツラック

 

 

胃痛の時に食べても良いもの、悪いものについて

 

胃痛が起きている時というのは、たいてい胃の内部に過度の飲酒や食事などさまざまな理由によって負担がかかって胃壁が荒れて弱っている時です。

 

 

こういった時には食事にも気をつけなければなりません。

 

 

胃痛の時にはどういった食事が胃に優しいのか、そしてどういった食事が胃に負担をかけてしまうのかを一つずつ解説していきます。

 

 

胃痛の時に食べると良いもの

 

胃痛の時には胃にそれ以上負担をかけないようにするために消化の良いものを中心に摂取することが大事です。

 

 

胃が悪い時に代表的なのが、おかゆです。

 

 

おかゆはなるべくトロトロの7分粥ぐらいにして食べるとより消化しやすいので胃を休めることができます。

 

 

ただおかゆも、胃が痛い時にはあくまでも少量にとどめておくことが重要です。

 

 

大量に食べてしまうとおかゆといえども、やはり胃を酷使させることになり、胃痛の回復が遅れてしまう可能性があります。

 

 

その他にも、くたくたに柔らかくした煮込みうどんなども消化が良いのでおすすめです。

 

 

なるべく具はシンプルに卵だけにした方が良いでしょう。

 

 

また七味などは、胃壁をさらに荒らしてしまうのでかけないで食べるようにしてください。

 

 

さらにシンプルな湯豆腐、茶碗蒸し、卵おじや、ヨーグルトなどもおすすめです。

 

 

胃痛の時に食べない方が良いもの

 

胃痛がある時には、たいてい胃の内部の胃壁が傷ついていることが多いものです。

 

 

ですから刺激のある食品は口にしないことが重要です。

 

 

例えばキムチや明太子など唐辛子を多く使用しているものは、弱った胃壁をさらに傷めてしまうので胃痛がひどくなる可能性がありますので少量でも口にしないようにしましょう。

 

 

また揚げ物などの脂っこいものも弱った胃が一生懸命消化をするために過剰に働かせることになり胃痛が悪化することもあるので注意しましょう。

 

 

さらに生野菜など食物繊維が多いものも消化が悪いので避けるようにした方が良いでしょう。

 

 

そして冷たい飲料の、たとえばアイスコーヒーやアイスティーなどそしてアイスクリームなども弱った胃にさらに追い討ちをかけてしまうことになるので胃痛がある時には絶対に摂取しないようにしましょう。

 

 

以上のように、胃痛の時には食べても良いものと悪いものがはっきりしています。

 

 

胃痛があると言うことは胃がSOSのサインを出している時なので、このサインを見逃さないようにして、必ず胃をゆっくり休ませてあげることが大切です。

 

 

胃痛があるのにさらに消化の悪いものを食べて胃を過剰に働かせると、いずれ胃潰瘍などの病気を発症することもあるので注意しましょう。